Salon るるん

2019/08/16 11:31




【糸について】


オーガニックコットンの糸は、株式会社アバンティ より、仕入れています。

生成りの綿と茶綿を紡績し、それぞれ、生成り色と淡いブラウンの糸ができます。
綿そのものの持つ色合いを生かして、生地の縞柄や格子柄を織っています。

できるだけ、オーガニックコットンの風合いを感じていただけるよう、
ナチュラルでやさしい自然の色合いを大切にしたデザインを心がけています。





【織りや染めのこと】

Salonるるんの着物は、新潟県小千谷市片貝町にある織元「紺仁」で作っていただいています。
創業270年、長くその仕事を守り続けてきた織元さんです。





「織り」は、紺仁さん独自の 「片貝(かたかい)木綿」 という伝統の綿織物。

タテ糸に、3種類の太さの異なる糸を使うのが特徴です。
これにより、生地に凹凸ができ、ナチュラルで上品な表情が生まれます。

Salonるるんの着尺は、オーガニックコットンの糸を使用した片貝木綿の生地。
オーガニックコットンの糸のやわらかさと相まって、さらに心地よい肌触りに仕上がっています。

そしてなによりも、この片貝木綿の織りの大きな魅力は、“丈夫さ” と “扱いやすさ” 。
シワになっても戻り易く、丈夫な生地。
(長時間着ても膝やお尻が抜けにくい!畳んでおけば、次に着るときにはすっと元に戻っています)

もちろん、お家でお洗濯できます!







「染め」も、紺仁の熟練の職人さんによる作業。
るるん、オリジナルデザインの型紙を使い、一反一反、丁寧に染付してくださいます。

手しごとだからこそ生まれるやわらかな雰囲気が、魅力です。

藍、弁柄、松煙、黄土など、自然から生まれた色を基本に染めています。
優しく深みのある和の色です。